おはようございます。

 

MEスクール小牧校の高野です。

 

今日は学習のしかたについて、書いてみたいと思います。

 

私は社会と国語を主に担当させていただいていますが、とくに社会ではテスト前になると

「ノートまとめ」を行っている生徒が多く見られます。

 

それ自体は非常にすばらしいのですが、中には効果の無い(薄い)と思われるやり方をしている

生徒もいて気になってしまいます。

 

ゞ飢塀颪隆歇未靴任呂覆、「キーワード」「キーフレーズ」を関連づけて覚える

教科書の語句を一字一句写している生徒が見受けられますが、時間だけがかかって非効率に思えます。

 

ノートをまとめる時は、極力、短くコンパクトにすることが重要。

→(矢印)などの記号を使って、書く言葉はほぼ語句のみにとどめましょう。

1853年 ペリー 浦賀
         ↓
1854年 日米和親条約  下田・函館
         ↓
1858年 日米修好通商条約 井伊直弼・ハリス 長崎・函館・横浜・新潟・神戸

 

 

▲ラフルなノートをつくる事が目的でない

色ペンを多用して、非常にカラフルで「キレイ」なノートをつくる生徒も多いです。

確かに「見やすい」ことは大切ですが、美術の作品作りをしているわけではないので、結局は非効率な作業になっているように思えます。

 

使う色は2〜3色程度に抑え、むしろ簡単な地図などを書き添えたほうが効果があります。

地名や事件名を覚えていても、それがどこかを地図上で指せない子は多いですし、だからこそ入試でも必ず出題されます。

下手でもかまいません。特徴をしっかりつかみ、ビジュアルとして覚えていきましょう。

 

少しでも効果のある勉強を行い、限りある学習時間を効率的に使っていきましょう!

 

 

 

 

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

 

 

 

1