☑「6月から学校再開後、授業の速度が上がると聞きました。」

☑「他の人たちはある程度やっているはずなのに、うちの子はだいじょうぶかしら。」

☑「7月初旬にいきなり1学期のテストがあると聞いて心配になりました。」

☑「今ならスタートダッシュに間に合うかと思って…。」

 

という方は、以下をご覧ください。

 

学校のオリエンテーションが終わり、

 

いよいよ授業が始まったことでしょう。

 

ここから、遅れを取り戻すべく、

 

怒涛の授業速度で進んでいる学校もあります。

 

不安に思われている保護者様・生徒様も多いのでしょう。

 

入塾問い合わせが増えています。

 

今年はコロナ禍のせいで、4・5月は問い合わせが少なく、

 

この時期に塾を検討されている方が多いようです。

 

当塾生は、再開された学校のスピードについていけるように、

 

しっかりフォローさせていただきます。

子どもの学力を高めることは、子どもの将来の可能性を広げること。

 

子どもの将来のために、今、親にできること、すべきことを考えてください。

 

無料体験、絶賛受付中!

夏期講習、受付開始!!

 

対象は小学生(学校補習コース、英語コース(レプトン・小学校英語))、中学生(個別指導、グループ指導)、高校生(個別指導)となっています。

 

 

 

◆当塾では、下記のコロナ感染拡大対策をとっております。

 

安心して、通塾ください。

 

\古未粒様には、通塾前に検温の上、微熱・咳・倦怠感などがあればご配慮いただき、通塾をお控え下さるようお願いしております。
 

∪古漫講師ともにマスクの着用にて授業を開講しております。


3洞擬爾瞭り口を換気のために開放しております。


ぜ蠕い・消毒用アルコールで入室時・退出時に手指の消毒をお願いしております。
 

ザ擬爾隆などは毎日消毒します。

 

生徒の座席は三密にならぬよう、十分な間隔を空けております。

 

П接テーブルにはPET板防護壁を設置してあります。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

 

当教室では毎週火曜日にネイティブ講師によるレプトン教材を使用しての英語クラスを開講しております。

 

LEPON(レプトン)とは…

「読む・書く・聞く・話す」の英語4技能の習得を目指した、英語教材になります。

テキストはレベル別に分けられたスモールステップの進級式で、英語がはじめてのお子様でも、

無理なく進めることができます。最初はアルファベットの書き方・読み方から、最終的には高校

レベルの文法まで、その子の力に合わせた学習が可能です。

 

また、当塾のレプトン講座は外国人のネイティブ講師が担当しております。

 

CD音声によるレッスンのほかに、実際にネイティブ講師と会話をして「生きた英語」を学ぶことができます

(まさに英語漬け!)

 

この度、夏の特別企画として無料体験+7月分授業料無料のキャンペーンを実施することになりました。

 

 ネイティブから英語を習いたい。

             

 中学校に入ってから英語で困らないようにしたい。

 

 読む、書く、聞く、話す の英語4技能を鍛えたい。 

 

 会話だけ、文法だけ、リズムだけの英語は使えない!

 

上記の希望・お悩みをお持ちの方は、ぜひこの機会にMEのレプトン講座を体験して頂きたいと思います!!

 

 

【体験日時】。況遑横各(火) ■況遑械案(火) どちらも18:00 〜 18:50

      ※両日とも先着5名

      ※体験生の方には7月からの新規受講に限り、7月分授業料を無料と致します。

 

【申込方法】お電話かメールにてお申し込みください。

      また申込時には「夏のキャンペーンをブログで見た」とお伝えください。

 

 

◆当塾では、下記のコロナ感染拡大対策をとっております。

 

安心して、通塾ください。

 

\古未粒様には、通塾前に検温の上、微熱・咳・倦怠感などがあればご配慮いただき、通塾をお控え下さるようお願いしております。
 

∪古漫講師ともにマスクの着用にて授業を開講しております。


3洞擬爾瞭り口を換気のために開放しております。


ぜ蠕い・消毒用アルコールで入室時・退出時に手指の消毒をお願いしております。
 

ザ擬爾隆などは毎日消毒します。

 

生徒の座席は三密にならぬよう、十分な間隔を空けております。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

小牧市の小中学校の夏休みは、

 

8月1日(土)から8月23日(日)まで

 

となりました。

 

例年より2週間短縮されています。

 

小中学生は4月、5月の2か月間を休んだ状態で、

 

新1年生以外は3月、4月、5月と実質3か月間休んだ状態で、

 

それを補うために(?)2週間の夏休み短縮…。

 

やはり、以前のブログでつぶやいた通り、

 

学校再開後はかなりのスピードで教科書内容が進んでいくのではないでしょうか。

 

例年ならば、

 

「うちの子はまずは自分でやってみる、と言っていますので。」

 

と、中間テストでコケた後、やっぱり入塾をお願いします、と期末で挽回パターンができるのですが、今年に関しては中間テストがなく、

 

7月初旬のテスト1発勝負!

 

となるわけです。

 

これで今年度の学年成績基準とも言える数値が決まるのですから、

 

生徒の皆さんの重圧、、、

 

もっとも、その重圧にすら気づいていない生徒も多くいると思うのですが、

 

重圧はすごく大きなものとなるはずです。

 

当塾では再開後に学校の授業についていけるように、

 

中高生は7月のテストで高得点をとれるように、しっかりと指導しています。

 

もちろんコロナ対策も万全に行っております。

 

コロナは遅くとも数年内に収束し、”アフターコロナ”がやってくるでしょう。

 

専門家の中には”With コロナ” と言う人もいます。

 

その時、お子様がたはどの位置にいるのでしょうか。

 

やっている人はやっている。

 

それは大人の世界も同じ。

 

ステイホームしている人もいれば、仕事を継続している人もいる。

 

様々な人が様々な生活形態をとっている中で、

 

生徒の皆さんは受験に立ち向かわねばならないのです。

 

その力をつけるべく、学力を退化しないように、

 

まずは当塾の無料体験授業を受けてみませんか?

 

多くの方(とくに名古屋市東部寄り)は、既に動き出しています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

◆当塾では、下記のコロナ感染拡大対策をとっております。

 

安心して、通塾ください。

 

\古未粒様には、通塾前に検温の上、微熱・咳・倦怠感などがあればご配慮いただき、通塾をお控え下さるようお願いしております。
 

∪古漫講師ともにマスクの着用にて授業を開講しております。


3洞擬爾瞭り口を換気のために開放しております。


ぜ蠕い・消毒用アルコールで入室時・退出時に手指の消毒をお願いしております。
 

ザ擬爾隆などは毎日消毒します。

 

生徒の座席は三密にならぬよう、十分な間隔を空けております。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

新型コロナウイルスの影響による休校で遅れた児童生徒の学習を取り戻すため、文部科学省は、最終学年以外では学習内容の一部を次の年度以降に繰り越すことを認める方針を決めました。

 

登校日を設定するなどしても、学習内容を年度内に終えるのが難しい場合の特例だそうです。

 

文科省によると小学6年や中学3年には優先的に分散登校することで、年度内に学習を終えられるよう求めるとのことです。

 

思い起こせば、現在の学生たちは3月で「時」が止まっています。

 

3月、4月、5月の内容が丸々抜けている状態なのです。

 

今年度は1学期の中間テストは中止になる見込みですので、7月初旬の期末テスト1発勝負となりますね。

 

入試は中1、中2の内容が中心となるとのことですが、

 

このブランクは後々、ボディブローのように効いてきそうです。

 

もっとも、それは塾に通っていない生徒さんの話。

 

当塾では、本来の学校のペースに合わせて小中高の新年度内容を指導していますので、

 

学校再開後の学力の二極化競争に勝ち残ることができるでしょう。

 

逆に、しっかりとした対策ができていない生徒さんがたは、今後、なんらかの形で影響を受けます。

 

中3で、それが終わったとして、、、入試はそれでクリアしたとして、、、

 

高校に入ったらどうするのですか???

 

大学入試はだいじょうぶですか???

 

学力の遅れというのは、現時点での同学年との比較のみならず、

 

例年の同学年生を比較対象として考える必要があります。

 

奇しくも来年は4年の1度の中学校の教科書改訂年。

 

小学校で英語が必須化を受け、来年の教科書から英語の教科書はもちろん、

 

高校内容を前倒しして中学教科書内容に含めるため、

 

多くの科目が難化することを知っていましたか?

 

今のうちからしっかり準備しておきましょう。

 

MEは塾生たちの”ノアの方舟”になるべく、しっかりと学習フォローをしてまいります。

 

 

 

 

◆当塾では、下記のコロナ感染拡大対策をとっております。

 

安心して、通塾ください。

 

\古未粒様には、通塾前に検温の上、微熱・咳・倦怠感などがあればご配慮いただき、通塾をお控え下さるようお願いしております。
 

∪古漫講師ともにマスクの着用にて授業を開講しております。


3洞擬爾瞭り口を換気のために開放しております。


ぜ蠕い・消毒用アルコールで入室時・退出時に手指の消毒をお願いしております。
 

ザ擬爾隆などは毎日消毒します。

 

生徒の座席は三密にならぬよう、十分な間隔を空けております。

 

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

東海三県のうち、29の市町村で夏休みの短縮が発表されました。

 

私としては、夏休みは無くなるものだと思っていたので、

 

それでも夏休みはあるのか、と意外な思いでした。

 

現時点での発表されている愛知県の市町村の夏休みは下記の通りです。

 

 <夏休みの短縮を決めた自治体>
 

■愛知県 
<7月23〜26日、8月8日〜23日、29日〜31日>
 ・刈谷市
 

<8月1日〜16日>
 ・豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、東栄町、豊根村 
 

<8月1日〜23日>
 ・岩倉市 
 

<8月8日〜23日>
 ・江南市、大口町、扶桑町 
 

<8月10〜16日>
 ・稲沢市 
 

<8月8日〜19日、29日〜31日>
 ・高浜市 

 

同じ県内でもこれだけのバラつきがあるのですね。

 

個人的予想では小牧市も豊橋市などの2週間モデルになるのでは、と思っています。

 

ただ、2週間あれば、夏期講習もダウンサイジングを図ることによって、1学期内容までの復習や、

 

中3生に対しての受験指導も行うことができるかと思います。

 

他塾の様子もいろいろと耳にするのですが、

 

やはりZOOMは限界があるようで、形としてはできても学習効果はかなり疑問であったり、

 

小中学生の場合、保護者様の協力なくしてはできないご家庭も多く、

 

保護者様の負担がかなり増えているようです。

 

オンライン会議に慣れていらっしゃるご家庭では問題ないかと思いますが。

 

いずれにせよ、当塾では愛知県と小牧市の発表を受けてから、電光石火で夏のリスケジュールを行います。

 

現時点では、なかなかはっきりしたことが伝えられず、もどかしい思いをかみしめていますが、

 

どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

通常授業は分散型で開講しております。

 

無料体験、新規申し込みも受け付けておりますので、

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

◆当塾では、下記のコロナ感染拡大対策をとっております。

 

安心して、通塾ください。

 

\古未粒様には、通塾前に検温の上、微熱・咳・倦怠感などがあればご配慮いただき、通塾をお控え下さるようお願いしております。
 

∪古漫講師ともにマスクの着用にて授業を開講しております。


3洞擬爾瞭り口を換気のために開放しております。


ぜ蠕い・消毒用アルコールで入室時・退出時に手指の消毒をお願いしております。
 

ザ擬爾隆などは次亜塩素酸水を利用した消毒液で毎日消毒しています。

 

生徒の座席は三密にならぬよう、十分な間隔を空けております。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

当塾では、外国人講師がレプトンの英語講座を担当しています。

 

火曜日の担当は、山田アメリン先生。

 

フィリピン出身のアメリン先生。

 

英語の指導にも長けていて、海部郡の小学校でALTをされていました。

 

子どもが大好きな方なので、すぐに生徒のみなさんとも仲良くなれると思います。

 

 

よく、

 

「先生は日本語は話せますか?」

 

との質問をいただきます。

 

話せても話しません。

 

日本語を話してしまうと、生徒の皆さんは英語を使おうとせず、日本語で答えたり、質問しようとします。

 

当塾の目指すところはオールイングリッシュの授業です。

 

追い詰められないと、なかなか生徒は英語を使おうとしないものなのです。

 

それでも英語を使わない生徒は黙りこんでしまうのですが、

 

そこは講師の持ち前の明るさと少人数指導(1クラス5名まで)で、

 

黙っているだけでは授業は終わりません。

 

現在、無料体験受付中ですが、1日1組様までとさせていただいております。

 

ぜひ、この機会にEDIXのLepton(レプトン)に触れてみてください。

 

 

 

◆当塾では、下記のコロナ感染拡大対策をとっております。

 

安心して、通塾ください。

 

\古未粒様には、通塾前に検温の上、微熱・咳・倦怠感などがあればご配慮いただき、通塾をお控え下さるようお願いしております。
 

∪古漫講師ともにマスクの着用にて授業を開講しております。


3洞擬爾瞭り口を換気のために開放しております。


ぜ蠕い・消毒用アルコールで入室時・退出時に手指の消毒をお願いしております。
 

ザ擬爾隆などは毎日消毒します。

 

生徒の座席は三密にならぬよう、十分な間隔を空けております。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

当塾では塾生向けに自習室を無料開放しております。

 

家ではなかなか勉強する気分になれない人は自習室の利用をお勧めします。

 

環境が変わると、周りで頑張っている人たちに触発されてやる気がでてくるかもしれません。

 

そもそも「やる気」が出ないときはどうしたらよいのか。

 

それは、まずはやる!ということだそうです。

 

やっていると脳が次を求めるようになり、それが「やる気」と言われるものになるそうです。

 

ただし、当塾の自習室は文字通り、自ら習う部屋なので、

 

講師が常駐することはありません。

 

わからないことがあってもすぐに聞く「聞きグセ」をつけてしまうと己の思考力が働かなくなりますよ。

 

まずは自分で調べて、それでもわからなければ一斉授業の前後、個別指導時間内で質問してください。

 

どうしても自習の際に質問したい方は有料でスポット個別指導もありますので、そちらをご利用ください。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

明けましておめでとうございます。

 

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

MEでは1月6日(月)より通常授業の日程に戻ります。

 

冬期講習で学んだことを生かして、3学期を最高の成績で終えられるように

 

講師一同、力を尽くしていきます。

 

また中3生は目前に控えた入試に向けて、土日の特別対策授業を含め、

 

全力でサポートします。いよいよラストスパートです!

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。

1. そもそも「宿題」って何?

 

保護者懇談を行っていると、

 

「うちの子は宿題をやるのがせいいっぱいで…。」

 

という声を聞きますが、

 

「宿題」って、何をどうすることを言っているのですか?

 

多くの方は、宿題何ページから何ページと出されると、

 

宿題=演習

 

と勘違いします。

 

もっと勘違いしている人は罰ゲームくらいに思っているかもしれません(笑)。

 

もしくは、怒られないための自己防衛の手段?

 

そして、演習の後、模範解答を見ながら丸つけをして、間違いを赤で直す。

 

それが宿題だと思っていたら、いつまでたっても成績など上がりませんよね。

 

そもそも、当塾の場合は

 

宿題=家庭学習=知識の定着・弱点補強

 

と考えています。

 

2. まずは覚える!

 

まずは習った内容をノートにまとめるなどして覚えることをしないといけません。

 

すると、今度は

 

「まとめ方がわからない。」

 

「うちの子は、やり方がわかればやると思うのですが…。」

 

と言い出す始末。

 

本当に成績を上げたい生徒は、まずは我流でも覚えるべきことがらを書き出すなどして、

 

まずはやってみる!

 

という気持ちで取り組みます。

 

できれば、記号を多用したり、箇条書きなど短い文や語句でまとめていくのが良いですね。

 

ダラダラと長い文章を書いたところで覚えられるとは思えません。

 

3. 演習は覚えたかどうかのチェック

 

次に演習で知識の定着を測ります。

 

つまり、演習は覚えていないところ、できないところのあぶり出しであり、

 

これをやったところで成績がアップするわけではありません。

 

自分の弱点を把握することが目的であるにすぎません。

 

大切なのは、間違えた問題のアフターフォローですね。

 

4. 間違えた問題のアフターフォロー

 

計算系でしたら、やり直してみる。

 

模範解答を写したところでどうしようもないでしょう。

 

国語の記述系の問題において、わからないからと空白にして、

 

赤で模範解答を写している生徒たち・・・

 

おつかれさまです!

 

赤でびっしり書いたあとは、さぞ達成感があるでしょう。

 

しかし、それになんの意味があるのでしょうか。

 

せめて、わからないなりに自分で答えをひねり出して、

 

その解答を手直しするようにしないと、一向に成績は向上しません。

 

できるようにしたいのか?

 

怒られないようにしたいのか?

 

あなたの家庭学習の目的は何ですか?

 

さらに、理解していないところはテキストなどの例題に戻って学習し直すとよいでしょう。

 

根本理解ができていないと、少し問題の聞き方が変わるだけで対応できなくなります。

 

その問題が解ければよいというわけではありません。

 

その単元を理解しないとテストや入試には対応できません。

 

5. まとめ

 

宿題は罰ゲームではありません。

 

本来、宿題なんてなくてもよいのかもしれません。

 

しかし、宿題がないと家庭学習を行わない生徒が出てくるでしょう。

 

せめて受講後に、もう一度触れる機会を与えるのが宿題。

 

そして、理解していないところは理解し直す。

 

わからなければ自分で調べる。

 

「わからなかったら、すぐに聞く。」

 

こんな聞きグセをつけてはいけません。

 

大人でもいますよね。

 

どうでもいいことをわざわざ聞いてくる人が。

 

自分で考えたり、調べれば、すぐわかるでしょ!

 

ということを聞いてくる人は、きっと聞きグセをつけられて成長したのでしょう。

 

まずは覚え、演習で確かめ、できなかったところは学習し直す。

 

正解したところより、間違えたところが大切です。

 

間違いは成績向上の第一歩。

 

模範解答を写して「宿題終わった!」と言っている人は、きっと残念な未来が待っているでしょう。

 

逆に、自分の弱点に向き合い、それを克服する努力を行う人は、

 

人生においても、どんな困難にも立ち向かっていけるでしょう。

 

塾について詳しくはHPをご覧ください。

https://www.me-sogoschool.co.jp/

 

お問い合わせは、

お電話:0568-76-8088

メール:me.and.toshin@gmail.com

までお願いします。